ご挨拶とご案内

お食事

管理栄養士が考えたバランスの取れた食事

当院でのお食事は管理栄養士が栄養・バランスを考え
また、添加物等を使わない産後の体に優しいレシピをご用意しています。

 

食材へのこだわり

栄養だけではなく、もちろん美味しさにもこだわり、
素材の鮮度や旬のものを大切にし、
地元の食材を多用してその時期ならではの
美味しい食事を心掛けています。

肉類 佐賀牛・三瀬鶏をはじめ、佐賀県の安全・安心な、地元のおいしいお肉を使用しています。
魚介類 全国各地の旬の新鮮なお魚を使用しています。
野菜類 佐賀産を中心に全国の旬のお野菜を使用しています。

 

 

栄養課からの豆知識 (定期的に更新しますのでご覧ください。)

 

 オクラ  

旬は6月から8月。オクラのぬめり成分はガラクタンアラバンペクチンといった食物繊維で、

ペクチンは整腸作用を促し、コレステロールを排出する作用があります。

βカロテンも豊富で、体内でビタミンAに変換され視力維持、粘膜や皮膚の健康維持する働きがあります。

その他、カリウムカルシウムを豊富に含んでいます。

★選び方★

緑色が濃く鮮やかで、小ぶりの物を選ぶ。

★調理のワンポイント★

納豆や山芋のネバネバは主にタンパク質によるもので、加熱すると弱まってしまいますが、

オクラのネバネバは水溶性食物繊維なので、多少の加熱でもOK

 

 

 

R2年6月行事食(梅雨)

シェフの気まぐれランチ

R2年6月パンの日

栗ご飯

 

レンコンのはさみ揚げ

   

チーズタッカルビ

アーサイの天ぷら

豚肉の梅しそ巻き

お祝いディナー

 

 

お問い合わせ

TOPへ

HOMEへ